×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

正式裁判を選べば、不起訴となることもあります

不起訴となれば、無罪。

 交通違反で検挙された場合、自分に違反した事実がなかったり、取締りの
 やり方に合理性がなかったり、あなた自身に特段の考慮すべき事情があった
 場合、正式裁判を選択すれば、検察庁での聴取でその事情が認められた場合
 不起訴となることがあり、不起訴となれば無罪と同じことになり、違反歴はもと
 より、罰金も払う必要がなくなります。

 行政書士は、裁判に係わる書類の作成は認められておりませんが、あなたが
 正式裁判を選んだ場合、検察庁に提出する上申書の作成をお手伝いさせ
 て頂きます。

無料相談、ご質問は、下の受付嬢をクリックしてください。
        

                      

直線上に配置
             Copyright (C) 2004 Office OkiDoki All Right Reserved.